" border="0">

木曽路

c0054876_1551260.jpg


最近、木曽路を歩く外人が多いと聞いていましたが
確かに多くの外人に出会いました
妻籠はこっちですかと聞かれたので
This Wayと、いい加減な英語で答えときました。







c0054876_15513787.jpg
c0054876_15515888.jpg

by mr.bojangles | 2015-10-27 15:59 | 風景 | Comments(7)
Commented by クマのY at 2015-10-27 16:42 x
tagu 様

木曽の路 近代化ならぬ 国際化

木曽路のみならず自然は、このまま残してほしいですね。
自然の素晴らしさを皆さんで共有したいものです。。。
Commented by ichiichik at 2015-10-27 16:48
1枚目の写真は見たことのある風景です
しばらく木曽路を歩いていません
たまには行って見ないといけませんねー
Commented by 江雄 at 2015-10-27 19:23 x
落合宿の石畳でしょうか。数年前春先に、馬籠から落合を通り、中津川まで歩いたことがあります。道に雪が少し残っており、何度も滑りそうになったことを覚えています。気の早い樹では、早くも紅葉しているのでしょう。
「外人も 木曽路にひかれ 歩きけり」
「紅葉の 木曽路を歩く 時を忘れ」
「ゆったりと 時は流れて 木曽路かな」
Commented by 谷間の村の住人 at 2015-10-27 19:46 x
外国の方向けのウォーキング、与川から山の中に入って降りてくるルートがあるようで、
地元の人間が歩かないような冬に、山の中で外国の方に会って驚いたことがあります。

今の時期は、紅葉が真ん中あたりを過ぎて、南に下ってきています。
Commented by S.SHIN at 2015-10-27 23:50 x
覆い被さる松の木がなんともいい絵になっていますね!
今年は紅葉が例年より早いそうですね。。。
Commented by akatensan at 2015-10-28 08:50
外国の人のほうが日本の自然や文化の豊かさを分かってるような気がします。
今の政府はこの豊かな自然を壊すようなことばかりしてますね。
Commented by toshi at 2015-11-03 22:05 x
i日に妻籠にいきましたら凄い人でした。
桃助橋もみなさんと通りました。大正期の日本の産業革命
を感じながらの見学でした。


青春の光も影もそのままに 時代が僕らを追い越していく そうさ黄昏にさ迷うとも それでいいのさ


by mr.bojangles

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
小屋百景
ぼくの細道
誰もいない駅
へなへな写真館
小さな生き物たち
路地
風景
カメラ
路上観察
めぐりあった歌たち
その他

針穴カメラ
端材木工

タグ

(499)
(137)
(101)
(73)
(50)
(36)
(35)
(28)
(21)
(15)
(11)
(10)
(8)
(8)
(7)
(7)
(5)
(3)
(2)
(1)

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

記事ランキング

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31